一般歯科

0852-67-2518

なかもと歯科・矯正歯科

 

 

24時間ネット受付中!ネット予約はこちら

一般歯科

「痛い」「しみる」

そんな症状が出る前に早めの受診を。

「歯が痛い」「しみる」と感じる状態ですと、むし歯はかなり進行した状態になっている可能性が高いです。この状態のむし歯が自然に治ることはまずありませんので、放置していると抜歯が必要になることもあります。

虫歯の治療

歯科医院といって最初に思い浮かぶ「むし歯の治療」が一般歯科にあたります。虫歯は歯垢(プラーク)の中にいるミュータンス菌が出す酸によって、歯が溶けてしまうことが原因で起こります。

むし歯の進行が浅い場合、虫歯の部分を削って充填する治療を行います。初期の場合は麻酔が必要ないこともあります。

しかし、「歯が痛い」「しみる」と感じる状態ですと、むし歯はかなり進行している可能性が高くなります。神経まで達する場合は、神経の除去など歯の根の治療(根管治療)が必要です。さらに放置すると、抜歯が必要になることもあります。むし歯は早期発見・早期治療が何よりも大切です。違和感を覚えたらすぐにご相談ください。

定期検診により、むし歯を予防あるいは早期発見することが大変重要です。

根の神経治療(根管治療)

むし歯が進行した結果、歯の根にある神経(歯髄)や根の周囲にばい菌が入り込むことがあります。強い痛みを生じることもありますが、無症状で進行することもあります。

このような状態まで進行した場合は、根の中を清掃して無菌化する治療(根管治療)が必要になります。

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いた精密根管治療

これまで根管治療は、直接見ることができないため、歯科医師の感覚に頼る部分がありました。しかし、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)で直接根の中を視ることで、根管治療の成績が上がることが知られています。当院ではマイクロスコープを用いた、精密な根管治療を行っております。

診療項目

診療カレンダー

PAGE TOP